将来を見据えた住まいづくり

勉強して計画を立ててから購入しよう

自分の家を持つということは、人生において大きな夢の実現です。ただ、経済的に将来を大きく左右する大きな決断ですので、いろいろ慎重になると思います。賃貸から持ち家に変わることで、家賃がローン返済に変わるだけでなく、税金等さまざまなことも変わってきます。また、一戸建てか分譲マンションかでもそれは大きく違ってくるでしょう。

そして、もっとも悩むのが家を買うタイミング。若いうちに買うという考え方もあれば、ある程度資金的に余裕ができてからという考え方もあると思います。また、土地価格はもちろん、税制の問題や金利動向も大きな決断の要素でしょう。

購入後も家族構成の変化や景気の動きなど影響を受けることも多いと思います。返済の追われる生活になったり、せっかく手に入れた「自分の家」を手放すことにならにように、やはり自分でしっかり勉強して計画を立てることが必要でしょう。とは言え、ある程度、えい!と思い切って決断しないと、先に進めないですね。

Copyright (C)2017将来を見据えた住まいづくり.All rights reserved.